zakki_diaryのブログ

日々の記録。

9/21

ペンギンハイウェイを観た。正直俺には微妙だった。妙に高評価の意見が多いけれど本当かと思う。子供は絶対に飽きると思うのだが。脚本が悪いのか知らんけど、2時間は長ったらしく感じてしまい途中でもうきつかった。後半のペンギンジェットコースターみたいな演出に関しては素晴らしかったと思う。でもその後半に至るまでを思うとしんどかったな。そこまで世界観にのめり込めなかったせいもあるだろうか。子供向けに調整されているからなのかもしれないが、説明じみた台詞が続くのもしんどかった。原作が小説だし既読者にとっては忠実に表現されてるんだろうなあとは思うけれど。小学生が研究するという設定なら仕方がないのかもしれないが、子供のくせに背伸びして子どもらしくない言動が繰り返されるのも好きになれず、あんな小学生がいたら痛いというか浮くと思うのだけど、女の子にモテるわクラスで一目おかれてる所がモヤモヤした。そう思う俺が歪んでいるのだろうか。

俺にとってアニメ映画を見るというのは、現実を忘れたいという願望もあるから、研究に苦しんでる中で映画内で疑似的にも研究してる様を見せられるのは辛かった。子供だから許せる、という心の広さを持てる状態ではない。クラス内でチェスが流行ったり、可愛い女の子が相対性理論を読んでるみたいな妙に現実離れした環境が主人公だけに都合よく回ってる世の中のように感じられたし、もちろん主人公なのだから青山くんを中心に物語が展開することは当たり前ではあるのだけど、現実離れしてる要素とリアリティの配分が中途半端に感じられて目についた。何でもできると思っている根拠のない自信がある姿が羨ましいというよりもイライラした。子供ってあんなだったか?

これで高評価ならリズとのんのんの完成度はあまりにも高かったと思うのだが偏見か。カットの拙さというか、場面転換が単調に感じられたんだよなあ。会話の度にちょこちょこ変わるのが理由なのか、映し方が良くないのか分からんが観てて疲れた。話の展開自体は別に早くないのにも関わらずシーンが転々としていたと思う。