zakki_diaryのブログ

日々の記録。

3/9

初めての引っ越し終わった。ヤマトのBOX2つで6万してしまった。荷物をしっかりまとめておけばもっと値段を下げられたかもと思うから、次回はちゃんと段取り良くやりたいなと思う。引っ越しの片づけを後回しにしてしまい、搬入日の朝になっても片付けが終わらなくて、搬入作業中に机や棚の解体をしてしまった。業者の人に急かされながらも、なんとかでかい荷物は全部送れた。徹夜で片付けしつつ午前中に業者が来て搬入して、終えた後の午後は疲れてしまって寝た。電気ガス水道は電話一本ですぐ解約できることが分かった。

今日は親が車で来てくれて、カーペットや布団などの余った荷物を車に積んでそのまま一緒に実家へ帰った。午前中で片付けを終えることができて良かったし、ベットやその他のゴミを大家さんが収集日に捨ててくれることになって凄く助かった。本当に人柄の良い大家さんで、思えば初めて一人暮らしを始めた時、自転車を買いにわざわざお店まで車で送って頂いたり、二度ほどお家でお菓子をご馳走になったりした。水道が凍結したり寒い思いこそしたけれど、大家さんを思うとここで暮らせて良かったと思う。もし旅行に来たらご馳走してくれるとも言って下さって嬉しかった。郵便を停止しにいったら、停止までに最低一週間はかかると言われた。

あとはバイト先に制服を返しに行った。普段あまり会わない朝番の人たちと会って、引っ越すことを伝えたり、もし機会あったら旅行しに来てくださいねと言ったら、本当に来るかもしれないような反応を貰えて嬉しかった反面、もう会えなくなるかもしれないんだなと寂しくなってしまった。研究室に行き、教授にあいさつしに行ったら出張中で最後のお話が出来ずじまいだった。卒業式でお会いできたらいいけれど。

なんだか、引っ越しの当日になって急に名残惜しくなった。俺の秘密基地だと思ってた一人暮らし部屋が、跡形もなく空っぽに片付いているのを見て、もうこの部屋で暮らす事はないんだなあとしみじみ思ったり、車中や駅で親に建物をガイドしている時に、あまり外に出る人間ではないにも関わらず、これだけ周辺のことを把握していたんだなと思った。早くここから抜け出したいと思ったことは一度じゃないのに、いざ去る時に感傷的になっているのだから単純というか、都合がいい人間だと自分で思った。4年も過ごして愛着が湧いている。長いようで早かったのか、早いようで長かったのか。

そんなこんな思ってちょっと沈んでいたけども、旅立ちに関係する好きな曲を聴いてたらケロッと普通の気分になった。単純だわ。また新しく頑張らねば。良くも悪くも、もう22歳になっちゃったなと思う。去年も思っていたからこれは毎年思う気がする。

travisのmotherを聴くと冬の雪の景色が浮かぶ。

www.youtube.com