zakki_diaryのブログ

日々の記録。

2/26

「私はダニエルブレイク」と「この自由な世界で」を観た。いかに自分が恵まれた環境で生温いのかを再確認したし、まるでドキュメンタリーを観ているかのような現実味があって厳しい映画だった。実際はもっと悲惨なんだろう。社会はこういう世界を全部内包してるんだなと、こういう人たちを含めて社会保障や国の制度がある事を改めて感じた。こういう状況でどうすればよかったのかとか、どちらが正しいのかと言える立場ではないけれど、程度はどうであれ他者への寛容さだけは無くなってはならないと強く感じた。寛容と言えど、やっぱり一人の人間であるわけだから個人的な思いはあるから、それは別として尊重すべきものと思う。子を養う責任の重さを思うと今の環境は親の苦労のおかげだとつくづく感じる。組織でいることの安泰さというのが、親の言葉とも重なる。世間は個人には厳しい。技術の発展についていけなければどんどん孤立化してしまうのは悲しいことだし、既存と新規どちらか一方ではなくて、どちらの選択肢もあるべきなのだろう。どちらも良い映画だとは思いつつ、まだ自分には早いかなあと感じた。

何も引っ越しの準備ができていない。繁忙期は引っ越し難民が出るとかニュースで見たしちょっぴり不安。部屋探しも交通費で万単位のお金かかるしバカにならない。行動せねば・・・