zakki_diaryのブログ

日々の記録。

12/25

21歳のクリスマス、今年も変わり映えなくただの平日だった。しょうがない、何も行動してないもの。自分では納得できてしまうけど、他人の実情を知るといかに自分がちっぽけかと感じてしまう。先輩が彼女に会いに地元に帰ってるという話を聞いて羨ましかったし、みんなやることやってんだなと。上の代、全員彼女いるじゃねーかと思ったら劣等感が増すばかりだったので極力考えないようにした。別の話になるけど、私生活をとったって一人一人違うのに、なんでこう閉鎖的な環境だと同調ばかり求めるんだろうなあ。他愛無い日常会話を傍目で聞いてると、すべらない話の小藪のだんじり野郎を思い出してしまう。今日はなんだか卑屈になってしまって駄目な一日だった。話すのが苦手でも内面では結構色々な感情がぐるぐるしてたから、心が読み取られてたらどうなっちゃうだろうと思えてしまう。

 

スモークといまを生きるを観た。スモークは映画が好きな後輩におすすめされて観て、観終わった直後はそこまで深みを感じられずあまり面白くなかったかなあと、そこまでよく感じられずに俺には早すぎたようにも思ったけれど、観終えた後に所々のシーンを思い返したりすると温かくなる映画だった。あえて真実を話さない優しさもあるんだよと教えられた気がした。すごく普通な場面だと思っていたシーンが、今思い返すと結構沁みてくる。ほんと何気ない映画だったけどそこが良い映画だった。

いまを生きるは、観る前は期待していてめちゃくちゃ良い映画なんだろうなあと思ったけどそこまでには感じられなかった。もっと学生一人一人の多様性を認めて励ますような映画だと思っていたら、思いのほか詩について語るばかりで深く突っ込んでいるようではなかった気がする。詩に関しては所々良くて、フロストの選ばなかった道を引用してた、校内で歩き回ってるシーンが良かった。金八先生は見たことないけど、なんか金八先生みたいだなあと思った。まさか死人が出る映画だとは思わなかった。そこに関してもうーんという感じだったし、結局独立心を養えと言いつつ肝心なところではそれぞれに任せるという感じで、映画なのだからもっと突っ込んでもいいのではと思った。トッドにもっと焦点を当てるのかと思ったら前半で終わってしまうし、絶賛して良いと思えるレベルを期待してたけどあんまりよくなかった。what will your verse be?の部分がAppleのCMに使用されていたらしく、観たらとても良いCMだった。pitsって最悪って意味なんだなあ。it's the pitsとか使ってみたい。英語使う機会なんて全くないけど。

今日は「おまえうまそうだな」を観た。予告編がとても良かっただけにそれ以上とまではいかなかったけど、キッズ作品としてはとても良かった。これは恐竜だけども人との繋がりが伝わってきた。忘れちゃいけないこと。

明日終えればやっと冬休み!早く過ぎてくれ・・・


映画『おまえうまそうだな』本予告編