zakki_diaryのブログ

日々の記録。

12/13

永い言い訳を観た。良い映画だとは感じるし評価高いんだろうなあとは思ったけど、自分に置き換えて考えさせられるような内容ではなかったし個人的には普通だった。所帯も持ってないしまだ子供だから当たり前なのかもしれないけど。ラストは登場人物それぞれ区切りがついたんだって思えるけど、どう気持ちの整理させたのか他人事にしか感じられなくて「え、これで終わりなの?」って感じだった。主人公は小説を完成させたみたいで大宮さんも家族仲睦まじくしていたけど、その過程については想像するしかなかったし、多分それまでの描写でそれとなく示されてるのだろうが、結局のところ何を伝えたいのか分からなかった。それを考える映画なのだとしたら俺には合わない。

自分と共通するものがほとんどないヒューマンドラマの映画観ても感じるものが出てこない。自分の中でしか完結させていないから仕方ない。でも飽きずに観れたし演技も良いし子役も可愛かったから良い映画だとは思う。こういうの観ると子役って知らなくても良いことを演技とはいえ聞かされてて可哀想だなって思う。食卓のシーンとか、演技とはいえこんな小さい子に大人の汚い部分を見せられて、例え映画の為とはいえどうなんだろう。綺麗事でしかないのかもしれないけど。これだったら同じく自分とはかかわりなくて理解できない人たちを描いてた葛城事件の方がおもしろかった。