zakki_diaryのブログ

日々の記録。

8/28

「あの頃ペニーレインと」を一昨日に観て、「ザエージェント」を今日観た。「あの頃ペニーレインと」は特に感想もないけど、「ザエージェント」は感動した。

序盤は正直言って退屈だったけど、ラストにかけてのロッドの様子が物凄く感動的で、感情移入して泣いた。ジェリーは有能な見た目に反して甘えや弱さがあって、一念発起して仕事を行うと言いつつもどこか逃避気味で踏ん切りがつかない。そんな中、ロッドの感動的なプレイによってようやく自分の思い描いていた理想に近づく。そのおかげで自分の言葉にも責任を持つことができて、ドロシーへの台詞は結局自分本位な言葉であんまりだったが、言葉は微妙でもジェリーの心境の変化は十分に伝わってきた。ようやく本心を掴めたんだろうなと。ジェリーだけでなくロッドの報われる姿も良くて、ぱっとしない映画だなあという印象だったが見終わった後は清々しい気分に変わった。言ってしまえば結果オーライな部分もあるけど、個人的にはとてもよかった。泣いた感じでは内容は全然違うけどグラントリノと同じぐらいの涙活度合いだった。

広告を非表示にする