zakki_diaryのブログ

日々の記録。

8/15

ハクソーリッジを観た。高評価のレビューが多い映画だったけど、正直に言ってつまらなかった。日本人じゃなかったら感想も変わったかもしれない。日本人として生きている以上、いくら映画とはいえ事実を基にした作品なのだから日本側の描写をもっと見せて欲しかったと思う。中途半端としか思えなかった。事実通りだからとか、あくまでアメリカの衛生兵の実話を基にしたストーリーだからというのを踏まえたとしても、あの切腹シーンは見た瞬間にあぁー、と一気に冷めてしまうくらいお粗末に思えた。これまで全く映されず言葉も喋らない見た目だけ偉そうな軍人が小刀で切腹しても、そのシーンだけ見せられても果たしてどれだけの人がその意図を理解できるのか。見終えた後に調べたら牛島満っていう方がモデルなんだなとは分かったけど、正直あのワンシーンだけ見せられてもサムライといえば最期は切腹みたいな、そんな軽い印象にしか見えないんじゃないかと思った。例え事実だとしてもあんなワンシーンだけなら要らないだろうと。単なる外国人向けサービスシーンに思えたし雑というか納得いかなかった。それ以外にも序盤の戦闘があれだけ理不尽だったのに、砲弾の中あんなに走れるのかとか色々思ったがそこは実際に奇跡的だったようだしまあ仕方ないかなと。なんかバイオ6のぐろい飯思い出したりして気分悪かった。多分2度と見ないだろう・・・

兄の結婚が決まって、彼女さんが一緒に実家に来た。

自分が30歳近い年齢になったらどうなっているだろうと想像した。やりたいことも決まらないし今の現状に満足していないし何も為せていないし、このまま歳が過ぎたらおれは何が残っているんだと不安になる。あれがやりたいこれがやりたい、でも身につけようと必死になっていない。最近音楽あまり聴かなくなってたけどしんどいときはやっぱり長澤さんが聴きたくなる。youtubeの弾き語りのスーパーマーケットブルースと茜ヶ空のシャウトに癒される。こんなんじゃだめだ。言葉は簡単なのに。