zakki_diaryのブログ

日々の記録。

5/27

ここ最近書かなくなってしまった。めんどくさくて、書かなくていいや、って気分になって後回しになった。そんな日が続いて、他にやらなきゃいけないことがあって、やらなきゃいけないって思いつつも、厳密に言うと別にやらなくても良いことで、結局これも後回し。

悪循環だけど、これでもいいんじゃないかと、時間だけが過ぎてしまった。やばい。そういえば、中居の「やばいね」っていうCMが何故かむかむかする。「やばい」っていう言葉を自分も使っていて、この言葉のなんでも一括りにしてしまうような広範囲な意味合いが気に入らなく思う。なるべく言わないようにしなきゃ、と思いつつ、言ってしまうこの手軽な言葉。何だか気に入らない。

今日は奥華子さんのコンサートに行ってきた。時かけの「ガーネット」と「変わらないもの」、あと最近有線でよく流れてた「最後のキス」ぐらいしか知らなかったけど、声がとても好きなアーティストだったので、どうせだからと行ってみた。

正直、今日はあんまり外に出るような気分じゃなくて、チケットすら発券していなかったし行くかどうか悩んでしまってたけど、お金を払っていたし結局行くことにした。以前は、ワンマンライブの場合、そのアーティストに詳しくないと行きたくないと思っていたけど、むしろ知らない方が新鮮味があって楽しいんじゃないかと心境が変わったきた。

これから一年間、全国ツアーをするらしく、今日が初日のスタートだった。にわかの自分にとっては、奥華子さんはしっとりとした恋愛曲のイメージばかりだったけど、そんなこともなく、日々の暮らしの中で思うことを綴った曲であったり、誰かの背中を押してくれる曲や親のことを思う曲があったりして、自分はよく知らないで決めつけていたんだなと思った。

2、3曲の合間にMCがあって、弾き語りって自分が演奏を止めてしまうと曲が止まっちゃう緊張感があるよねとか、新幹線で来たときに会社員の団体がうるさかったとか、朗らかな方だった。去年は10周年ということで2日に分けて全曲154曲を演奏したということも知り、その曲の量を二日で演奏だなんて凄いなと思った。154曲ってとても多い。今年は12周年ということで、長澤さんは11周年で近いんだな、なんて思ったりした。

最近、誰もがスマホを見ていて、二人でご飯を食べている人がいてもスマホを弄っていることや、ネットで調べれば何かしら答えが出てきて、正しさばかりを求めてることについて書いた「スタンプラリー」という曲、胸の内の気持ちを曲にして多くの人に聴いてもらえることは幸せで、音楽を作っているときは孤独だけどライブは共有できて楽しい、でも、誰もが何かしら悩みを抱えていてその事情は人によって様々で、表に出せない人もいて、そういう人たちの背中を押したいと思って書いた「遥か遠くに」という二曲が、MCと相まってとても沁みた。色々思うことがあるんだなと、きっと繊細な方なんだろう感じた。

観客席まで歩いて回った曲があったり、birthdayという曲では誕生日の人に向けて歌ってくれたり、 最後に出口で、観客全員とハイタッチで見送ってくれたり、とてもファン思いだなあと感じた。ファンのことを大切にしていらっしゃるんだなと。

今日は、行ってみて良かったなと思う。知らず知らずのうちに環境が凝り固まって、それだけになっていることに後から気付く。以前もそういうことがあったから、自分は成長してないなと思う。それに、この頃はどこか誤魔化しながら生活してきて、なんだか無為に生きてきたようにも感じた。どこか息詰まっていた感覚が、少し和らいだようにも思う。

あんまり行って良かったとか、そういうことは言いたくない。行かなかったことが悪い、みたいな言葉になるからで、行ったことを特別に肯定したくない。だけど、今日は行くことができて良かった。