読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakki_diaryのブログ

日々の記録。

4/30

今日は心待ちにしてた、ニューピアホール竹芝で開催のARIAイベントに行ってきた。

15時半開場に間に合うくらいの時間帯に着いたけど、待機列がものすごく長くてびっくりした。男性が8割くらい占めてて、やっぱりおっさんや青年くらいの人たちが多かったけど、年配の方も見たし、色んな年代の人がいた。

グッズ販売に行ったら、ショーロクラブの新アルバムを買うと妹尾さんとショーロクラブのメンバーさんの直筆サインが貰えると知って、無事にゲットした。すごく嬉しかった。

今回めちゃくちゃ席に恵まれて、前から数えて数列目という運の良さだったので、今までこんな経験なかったから、始まる前からすっごくワクワクして楽しかった。開演前は写真okだったので撮った。

f:id:zakki_diary:20170430195415j:image

内容は、初めに声優さんによる朗読劇➀、ショーロクラブ妹尾武さんによるサントラ演奏、佐藤順一監督を交えてのバラエティ企画(クイズとかお絵描きとか)、最後に➀の続きの朗読劇で終演だった。ほぼ2時間。すっごく素敵な時間だった。

朗読劇はオリジナルらしく、時系列的にはアッベニーレ後で、映像はなくてもARIAの世界が目の前で広がっていた。久しぶりに集まってビエンナーレをしようという話になり、キャラ同士のほのぼのした会話、時折恥ずかしいセリフやありがたいお話が繰り広げられて、優しい空間だった。会えなくとも、縦の糸、横の糸で誰もが繋がっているというアリシアさんのお話が印象的だった。目の前で声の演技を観て、全く声が崩れない所にプロの凄さを感じたり、声優さんも仕事としてこの舞台に立っているだけで、同じ人間なんだよなあという当たり前のことを実感した。

今回一番楽しみにしてたのはサントラの演奏で、特によく聴いていた馴染みのある曲の生演奏は、本当に癒された。

ショーロクラブの秋岡さん曰く、ARIAの曲を大々的に公然でやるのは初めてらしく、演奏もアニメ収録以来だということで、今回のために練習してきたという。それにはみんなびっくりしてた。それでも弾けちゃうのが私たちなんですっていう言葉に笑いが起こったりして、MCが面白かった。

正直、ショーロクラブの演奏はちょっと噛み合っていないように感じた部分も少しあったけど、心地良い演奏で素晴らしかった。特に、妹尾武さんのピアノ演奏が際立って良くて、沁みわたるようにピアノの音色が響いてきた。"アリアの憂鬱"でのピアニカ演奏では、ピアニカってあんな音の強弱や音の伸びができるんだなと、中学の頃の鍵盤ハーモニカのイメージしかなかった自分にとって、プロのピアニカ演奏は初めての体験だった。ショーロクラブは知っていたけど妹尾さんのことはあまり知らなかったので、今回聴くことができて本当に良かった。欲を言えばもっと演奏して欲しかった。セトリはよく思い出せないけど、風読み、おだやかな午後、アクアアルタ日和、AQUA、篝火のノクターン、星影のゴンドラは確かに聴いたように思う。おだやかな午後とか本当に良い曲だよなあと思う。

この演奏の後、声優さんに佐藤順一監督を交えてクイズやシンデレラの3コマ漫画を描いたりする企画が行われて、盛り上がった。

朗読劇終わった後、告知があって、9月にアッベニーレの三部作まとめたのを販売するらしく、今回の朗読劇も収録されるとのことだったので欲しいなと思った。ARIAカフェの話もあったけど、都会だろうし行けないなと思った。葉月さんが第一子をご懐妊されたというおめでたいお話や、それぞれのキャストさんのお話が温かかった。

大分費用がかさんだけど、行けて本当に良かった。落ち着いた空間で癒されたし、満足だった。ちょっと思ったのが、生と言ってもスピーカーやマイクのような機材を通してしまうとリアリティが落ちるように感じた。会場の大きさの都合上とかあるかもだけど、ソロギターとか生音で聴きたかった。

また明日からいつもの日々だ。終わった後に東京駅に居たら、大量の人が忙しなく移動してて、なんだかその流れの一員になった気分になって、俺はここから遠く離れたところに居場所があるということが薄れる。今日は色々と発見もあって、勇気をもらえたような気分。東京で学生生活送っていたらもっと趣味が充実してただろうと思う。

ライブ後やイベント後に帰宅するとほんと空虚。自分の好きなもので満たされた空間から、特に心の底から満たされることもない元の場所に放り出されて、これからもおまえはそこで生きるんだよと現実を突きつけられる。別に悲しい事があるわけじゃないけど、消費する立場っていつまでも消費してられないし、逃避しても必ず戻らざるを得ない。生産する立場の人はずっと生産して居られて、たくさんの人から認めてもらえる。もちろんそこに至る過程は大変だったのかもしれないけれど。長澤さんのパーフェクトワールドが沁みる。過ぎてゆくそして取り戻せない。そうさだからこその今なんだ。完全なんて訪れない。それでも頷いてゆくよ。