読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakki_diaryのブログ

日々の記録。

12/4

モヒカン故郷に帰る」って映画を観た。

お祖父ちゃん家、お祖母ちゃん家に泊まった時の感じが映画を通してすごく伝わってきた。

永吉が二階から降りてお酒飲みながらテレビ点けるシーンとか、母が居間でカープの試合を観てたらいきなり永吉が帰ってくるシーンとか、ごく自然な日常の雰囲気が凄く良かった。

これまで過ごしてきた日常を思い出して、確かに暮らしてきた日々なんだよなあと感じさせてくれる。ああ、あのようなこと俺にもあったな、と思わせてくれる。

一緒に暮らしていても、親のことって全然知らなくて、親の実家に行った時や親戚が集まった時に、普段は見えない繋がりの多さに驚いて、改めて親について何も知らないのだと気付く。

知らなくても過ごしてきたことって当たり前なことで、気付く事すらなかったのだから何とも言えない。

果たして自分が大きくなった時はどうなっているのだろう。

これまでは子供の目線からただ見てるだけだったから、法事やお祝い事の作法とか分からない。いつも真似てばかりで、このまま年齢だけ大きくなっていいのだろうか。

親族の繋がりが無くならないでほしいなあと思いつつ、時代共に変わってしまうようにも思えてちょっと寂しく感じる。