読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakki_diaryのブログ

日々の記録。

11/2

今日は久々に色々あって疲れた。

まず今日見た夢が最悪だった。誰かにツイッターアカウント見られて周りから嫌われる夢で、現実かと思うくらいリアルで一限を寝過ごしてしまいサボってしまった。何者の映画はまだ観ていないのに、夢にまで影響するなんて相当ダメージ食らってるんだろう・・・

それだけならまだ良かったけど、その後二度寝して13時くらいに起き、必修の実験に遅刻してしまった。

二度寝の夢も実家に帰って親にお土産を渡してるという、いかにも現実味があって、ぐっすり寝てしまった。

必修でしかも午後からなのに寝坊しただなんて言い訳が通るわけもないと思い、病院に行ったというベタな言い訳を作って途中から出席できた。

途中で教室に入るのはマジで嫌い。みんなの視線集まるし目立ちたくない。

幸い担当してる教授は優しかったので、「俺じゃなかったら許されなかったぞ」と言ってもらい、事無きを得た。危なかった。

その後、学科の人に誘われてカラオケに行った。つい最近話し始めたような間柄なので、俺は一緒にカラオケに行ってもいい人間なのだと思われていることに少しホッとした。

嫌いな人間をさすがに誘わないだろう。

こういうことで安心感もらっている自分は他人からの目を気にする人間なのだと思うし恥ずかしいけれど、おかげで前向きになれたので良かった。

やっぱり、気持ちが変わると態度も変わるのだろうか。以前ほど暗い表情で毎日を過ごしていないと思うから、表情が少し変わったかなと自分で思う。最近は少しずつ関わる機会が増えてうれしい。

でも、三年になったからこういう関わりができたのだと思うし、1年や2年の時に関わりが持てたかといえばそれは無理だったと思う。やっぱりクラスみたいな独特の空気があると思うから。

今日は実家へ帰るつもりだったので途中でカラオケを抜けて、駅へ向かったけれど、途中でライブの入場券を忘れたことに気づいて猛ダッシュで家に戻り、歩いたら間に合わないので仕方なく自転車で駅へ向かい、駐輪場の三百円を無駄にしながらもギリギリで新幹線に乗れた。危なかった。

昨日のうちに乗車券を買っておいて本当によかった。

新幹線は息苦しくて乗る時間も長いし、高速バスに比べたらマシだけど好きになれない。

本読むと酔うし、やることなかったからブログ書いてしまった。ベルセバ聴くとほんと落ち着いた。

実家はとても安心する。お土産で買った雪の茅舎を喜んでもらえてよかった。

親はもう定年を迎えるので、早く自立しなきゃいけないと思いつつ、とりあえず今出来ることを頑張らないといけないなと思う。

本を読むと、自分で考えたはずのことが受け売りの考えになってしまうようで悔しい。結局、ありふれた出来事の一つなんだなあと。小山田咲子さんに限らず、多くの人が俺よりも様々な気持ちを抱えて生きてるのだと思うと、人生まだまだだと感じるし、年の功ってとても大きなものだと思う。

もっと何事も楽しめるようになれればなあ。