zakki_diaryのブログ

日々の記録。

10/12

何か嫌なことがあっても俺に必要なことなんじゃないのかと思うようになった。

これは多分重い病気になったとか、余程追い詰められていない恵まれた状態だから言えることなんだろうけれど、思うようにいかなくても何か意味があるんじゃないのかと。

「全ては因果の流れの中に」というか、大筋の道筋はあらかじめ決められてると思えてしまう。

たまに偶然としか言いようのないことが、ふとした状況の巡り合わせで起きることがあって、言葉じゃ説明つかないとその度に思う。

黙り込んでしまう癖を直したい。

あまり関係が深くない相手に対して他愛無い会話をするくらいなら黙り込んだ方がマシだと思ってしまう。

一対一の場合は割と話せるとは思うけれど、必要性とか考えてしまうから駄目だ。

でも会話してるからって優位性を持たれるのも嫌だな。

今日も宿題せずに一日が終わってしまった。

部屋に戻ると勉強せずに寝てしまうから明日は流石にやる。