zakki_diaryのブログ

日々の記録。

イタリア⑨

・12日目(2015/9/12)

シーニャのホテルをチェックアウトして、予約したミラノのホテルへ。

ミラノのホテルは、これまでの経験でもう迷いたくなかったので、駅近くのホテルに急遽変えた。ホテルのwifiは本当に役に立った。

ミラノのホテルも良いホテルだったけど、3泊4日朝食無しで310ユーロだから、割と高くついてしまった。

 駅に近くて場所が分かりやすく、迷わずに着いたので良かった。迷わなかったのは今回が初だった。

 この日は移動で日が暮れた。すぐ近くに評価の良いレストランがあったので、そこへ夕食を食べに行くことにした。

Trattoria La Baita (ミラノ) の口コミ255件 - トリップアドバイザー

雰囲気が良くて落ち着いたお店だった。

 

写真は撮ってないけど、この日はカツレツ頼みたかったはずなのになぜかローストチキンを頼んでしまった。敢えてイタリア料理じゃないものを頼もうとした気がする。

隣の席が東洋人の女性が一人でいたので、注文が来るまで暇だったし日本人かどうか話しかけたかったけど話せなかった。いつかこういう時に話しかけられるような人間になりたい。

その人がずっとスマホ凝視してたから行儀悪く見えてしまって、スマホを弄りづらかった。そのせいもあって料理の写真を撮らずじまいだった。

その人がいなくなった後すぐに日本人の男性が来たから、少しお話しをした。

ミラノのおすすめの場所やおいしいもの聞いたけど、あまり知らないらしく、俺が話し下手だったこともあってあまり話が噛み合わなくて、相槌打っていたけど話の内容が全然頭に入ってこなかった・・・失礼なことをしてしまった。

イタリアの料理をあちこち食べに来てるとか、職業は良く分からなかったけどとりあえず話はできた。

 

 

・13日目(2015/9/12)

この日はあいにくの雨だった。まず駅に行って雨が止むのを待ったけど、止む気配がないので雨の中ドゥオモまで行くことにした。

なんで地下鉄使わなかったのか不思議だけど、もしかしたらローマの地下鉄で幻滅したのかもしれない。

この後の日程の為に駅へ行って電車の運賃を見てた時、肩を叩かれてびっくりして、誰かと思ったら昨日会った日本の男性だった。偶然見かけたから声をかけてくれたらしい。もうそれっきりだけど、一期一会で面白い出逢いだった。

f:id:zakki_diary:20160923053146j:plain

f:id:zakki_diary:20160923053437j:plain

13時ごろガレリアに着いた。雄牛のモザイクの周辺は人だかりができてた。かかとを置いて3回転すると幸運に恵まれるらしい。人が多かったからやらなかった。

f:id:zakki_diary:20160923053946j:plain

ドゥオモ。この広場は黒人のミサンガ売りがしつこかった。

chineseと言われたからちょっとムッときてjapaneseと言ってしまい、長友本田と連呼されてうるさかった。

無料だと言いながらミサンガを腕の上に置かれたけど受け取らなかった。

そうなると俺がミサンガを落としたみたいになるから余計居心地悪い。まあ拾わなかったけど・・・気分が良くなかったな。

マークさえされなければ割と平和だった。

f:id:zakki_diary:20161002010120j:plain

ヴィットーリオエマヌエーレ2世の騎馬像。この人はローマにもいたし有名なんだろうか。

チケットを買って、ドゥオモを登ることに。

f:id:zakki_diary:20161002010614j:plain

エレベーターか、階段で登るかの2通りあって、値段の安い階段にした。

f:id:zakki_diary:20161002011338j:plain

f:id:zakki_diary:20161002014203j:plain

f:id:zakki_diary:20161002011650j:plain

f:id:zakki_diary:20161002011904j:plain

天気が悪くて見通しが悪かった。所々真っ白な大理石が見られたけれど、補修してるんだろうな。

f:id:zakki_diary:20161002012133j:plain

多分ドゥオモの頂上。黄金のマリア像が輝いていらっしゃった。

f:id:zakki_diary:20161002012614j:plain

上からの眺めは、やっぱりヴェネツィアの大鐘楼からみた景色が一番綺麗だったなあと俺は思った。もし行けるなら天気の良い日にまた来てみたい。

 

次は博物館へ行った。

大聖堂の模型や貴族が使っていたであろう装飾、ステンドグラスの絵画、大理石の彫刻が飾られていた。

ステンドグラスの絵画が綺麗だった。

f:id:zakki_diary:20161002021023j:plain

 

次はドゥオモの内部へ入った。

入り口には迷彩服を着た軍人がいて、手軽な荷物じゃないと入場できないようだった。

f:id:zakki_diary:20161002021127j:plain

f:id:zakki_diary:20161002021551j:plain

f:id:zakki_diary:20161002021857j:plain

日本で言うお経みたいなものなんだろうか。

キリストのカトリックプロテスタントの違いすら知らない・・・

f:id:zakki_diary:20161002022417j:plain

この彫刻が金剛力士像のような力強さを感じて、印象に残った。

調べてみたらマルコダグラーテ作のバルトロメオの像というらしい。

皮を剥がされて殉教となったとか。

f:id:zakki_diary:20161002023428j:plain

ステンドグラスもたくさんあって、綺麗だった。

 

大体ドゥオモを見終わった頃には15時ごろで、ご飯食べて帰ることにした。

何としてもガイドブックに載ってるお店に着きたかったから、諦めずに歩き回った。

f:id:zakki_diary:20161002023938j:plain

1時間くらい歩き回っても辿り着かず、途中でジェラート食べた。

店員のお姉さんのオススメを食べた。チョコとバニラとストロベリーでおいしかった。

結局2時間くらいかかって、ナブッコに着いた。

Nabucco (ミラノ) の口コミ989件 - トリップアドバイザー

17時近かったけど、開店しててよかった。

ポルチーニ茸のパスタ頼んだけど、匂いがキツいみたいに言われたからやめて、オッソブッコを食べた。

f:id:zakki_diary:20161002024816j:plain

おいしかった。これで24ユーロで、水と席料3ユーロずつで合計30ユーロだった。

日本円にすると3000円を超えるわけだし高い・・・

でもこういう時に3000円あったらなに食えるとか考えちゃダメだよね。

一人でも店員さんが気さくだったから居心地悪くなくて、良いお店だった。

この後そのままホテルに戻ったけど、また迷いまくって大変だった。

ミラノの中心街で中央駅はどこか聞いてその人に付いて回ったり、意思疎通上手く出来てなかったりと散々だった。土地勘が全然ない。

次の日はコモ湖へ。