zakki_diaryのブログ

日々の記録。

9/27

今日は工場見学後に質疑応答の時間があって、誰も発言しないし教授に煽られるのも良い気分じゃないから、どうせだからと質問した。

俺は人前に出ることが苦手で、ずっと避けて生きてきたから、緊張して手足が震えてしまった。それに立たずに質問してしまったので行儀悪くなってしまった。

でも質問できて良かったと思う。これまでそういう機会で発言することができなかったし、そういう性格直さないといけないとも思っていたので、慣れたとはまだ言えないけど、俺の中では一歩前進した。

「できるけどしない」のと「できないからしない」って違うと思うから、俺は「できないからしない」人間だったんだと気付けて良かった。

緊張してしまう性格を治したい。

高3のとき、国語の時間に1分間スピーチがあったのを思い出した。すごく辛かった。

特に高3のクラスは馴染めてなかったから余計に人の目が気になってしまって、体が震えてしまった。サッカー部のアイツに「震えてる」って言われたのが今でも悔しい。

あの時から何も成長してない。

精神的に不安だと、ふとした言葉が自分の悪口に聞こえてしまう。

誰が誰に言ったのかは分からないけど、自分の悪口だと捉えてしまう自意識過剰ぶりもなんとかしたい。

学科内でこういう時に積極的に質問する人がいるけど、素直に凄いと思う。

その人は少し変わった人だから、悪口を言われてる時もあるけど、それでも他人の目を気にせず堂々と行動出来る所は憧れる。

悪口を言おうが人の勝手だけど、悪口を言うような奴らは大嫌い。

言われる立場の人が損をするだけで悪影響しか生まないし、自分のことを棚に上げるなっていつも思う。

特に頑張ってる人を蔑むような奴が一番タチ悪い。

 自分だって良い人間ってわけじゃないけど、その人を良く知らずに悪く言うことはしないし、そのくらい弁えてほしいと思う。

自分が悪口を言わないのは自分も悪いところがあるから人のことを言えないと思っているからで、我慢するしかないと思う。大抵のことはそれで許せてしまう。

それすらしてくれない人はなんだかなって思う。