zakki_diaryのブログ

日々の記録。

7/31

もう七月が終わる。早すぎる。

絶賛試験期間中だけど、既に一つ単位を落としてしまった。合計で5つの講義、10単位も落としているわけだから、自分の出来なさに呆れる。

でも今回のは落としても仕方なかったと許容できたのか、思ったよりダメージが少なかった。

自大のオープンキャンパスに参加したおかげで、興味のある研究室を絞れてよかった。

何より、先輩方と色々とお話しできたし、とても楽しそうに説明していて、雰囲気が良かった。ここは危ない、d2生が逃げ出したとか、悪い噂も知ることができて良かった。

将来のことを考えて、外部の大学院も考慮に入れていたけど、そもそも自大をよく知っていなかったことが浮き彫りになって、自分の考えの甘さを感じた。

先ばかり見すぎて、目の前のことに集中できていなかった。

実際に見て廻ったことで大分考え方が変わったし、行ってみなければ分からないことってたくさんあるのだと感じた。

とりあえず、現時点では行きたい研究室に入って、自大の院試に通るように頑張りたい。

もしかしたら、やりたい研究が他に見つかって、そこを目指したいと思うこともあるかもしれないから、勉強はしっかりしなければと改めて思った。

研究室を廻ってみて、自分の基礎知識が圧倒的に足りないと感じた。一年後には自分もこんなに説明できるようになれるのかなと感じた。先輩は配属されてから頑張れば大丈夫だとは言っていたけど、現状の自分は本当に知識が足りないなと思った。

大学生活していくうえで、自分のキャパを身に染みてきたし、自分で思うよりも能力がないと分かってはいた。

後でやればいいと言い訳にするのはやめなければと改めて思う。

成績が悪くても、大学院行こうと頑張っている先輩がいて励みになった。

自分の実力をちゃんと把握して、それを武器に生きていかないといけないな。

現時点でやれてきたことが、自分の実力なのだということを見失ってはいけないと思う。

もちろん実現すればそれは自分の実力ではあるけど、実現するまでは想像でしかないし、そうやって目標に縋ることで、自分が今までやれてきたことに対して目を背けているような場合が多い。

「こんなはずじゃなかった、俺はここまでやれたはずだ」と思ったことはたくさんあったし、自分の実力を知らないうちに過信していたのだと思う。

ここまでやれると思って出来なかった自分が実力であって、やれたはずの自分は現実ではない。

それはこの先も同じで、自分が出来ることっていうのは、出来てこなかった自分が軸であることを忘れちゃいけない。

こんな当たり前のことを今まで何度も勘違いして生きてきたのだろうと、最近になってようやく分かってきた。

そうやって考えると、確かに行動って大事なんだなと思った。