読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakki_diaryのブログ

日々の記録。

4/27

雑記

ARIAのサントラ聴きながらレポートやってたら、勝手にアニメ観てしまっていた・・・

本当に最高のアニメ。

只の萌えアニメじゃない。

つまんないだとか面白いだとかそういう次元のアニメじゃない。

日々抱える悩みや辛いことへの対処に、ヒントを与えてくれる素晴らしい癒しアニメ。

回ごとにメッセージも違うけれど、例えばOriginationの5話の晃さんの話はとても好きだ。

 

花壇から四葉のクローバーを探す晃さん。

アテナさんとアリシアさんという二人の天才を前に、拭いきれない焦燥感を抱え、ありふれた三つ葉のクローバーから、特別な"四葉"を探す。

四葉のクローバーを見つけられず、自分の現状を重ねる。

 

晃(プリマになれる特別な人間と、なれない普通の人間。)

晃(天秤を持たない私は、どうすればいい?)

 

藍華「お姉ちゃん 四葉を探してるの?」

そこに現れる幼い藍華

藍華「うーん。無いね。こんな小さい花壇の中じゃ、四葉が無いなんてすぐわかるでしょ? 諦めれば、お姉ちゃん。無いものは無いんだから、しょうがないよ!」

 

晃「ないものは、ない・・・」

それでも認めたくはなかった晃さん。

 

藍華「大丈夫。ないものは、付け足せばいいんだよ!」

藍華「ほら、可愛い四葉のクローバー完成。私はこっちの方が好き!」

藍華「この真っ赤なバラの花びらがお姉ちゃんのハートだよ。もう大丈夫だね、お姉ちゃん!」

http://blog-imgs-18.fc2.com/t/o/k/tokusatunokiseki/aria5-5.jpg

 

ただクローバーの葉じゃない、真っ赤なバラの花びらを晃さんのハートに例えて、特別な"四葉"にする藍華ちゃん。

 

心が洗われた・・・

こんな気持ちの折り合いの付け方があるんだと。

ARIAは本当に名言が多い。

残念なことに現実はネオヴェネツィアみたいに甘くないけど、こんな純粋な気持ちを忘れていく自分がいる。

おだやかな午後、お気に入りのサントラの一つ。