zakki_diaryのブログ

日々の記録。

4/10

自分が悩み抜いて出した考えが、結局誰かの過去で出した考えで、共感よりも先に置いてかれた気分になった。

自分の中身の無さは自覚しているけれど、それでもやっぱり"気付いた時には遅い"っていう後悔だけはしたくない。

とはいえ答えを出したこと自体は意味のあった時間だと思うし、要はバランスの問題だ。

物事には相反することが同じように進んでいて、上手いバランスを保つことができればなるべく苦しくならずに済むのじゃないかと思う。

昔は、良い事の後には必ず悪い事が起きるっていうジンクスを信じていたけれど、ある意味間違いではなかったのかもしれない。

憧れの対象は、特定の人物から形を成さないものへと変わって、ギターヒーローもアイドルも必要としなくなった。
人間である限り特別視する事など無くなって。

もちろん尊敬したり感心したりするんだけど、その人に成りたいとは思わない。
僕であって良かった。

自分である必要性とか‥
自分の理由とかはよく分からないけど、とりあえず人間であるから、自分の人間模様を歌ってみたり、他人をモデルに歌ってみたりする。

もし、誰かに自分が持つ全ての価値を捧げてしまうと、
その人がいなくなった時、自分の感覚も消えるのだろうと考える。

自分の定義を他人で形成してしまうと、辛い目に合うんだって若い頃に分かったんだ。

人間を歌っていようと思う。
叫んだり強がってばかりじゃウソクサイから弱音を吐いたりもいい。
別に何もカッコつけることもなく、「俺の今日はゴミだった」と歌えるようにいたい。

明日この日記を僕が消していて、やっぱり誰よりも特別でいたいと願っていても、
それはそれでとても人間らしい。
消さないけどね。

 長澤知之さんのブログ。

なんか漁ってる自分が気持ち悪いなあ。寝よう。