zakki_diaryのブログ

日々の記録。

7/25

千年女優を観た。中盤は同じ展開の繰り返しで単調に感じて2倍速にしちゃったけど、結末見たら印象が変わるアニメ映画だった。とはいえやっぱり90分は長い。映像としてはくノ一の殺陣シーンが特に良かった。最後の台詞は、これまでの苦悩がゆえの想いなんだろうと思う。千代子を現実に置き換えて考えたら、やっぱり最初の出会いで感じた純情は本物だと個人的には思いたいし、報われないまま歳を重ねるにつれて二面性を抱えてしまった結果だろうと思う。何が本心だとかそういうことが重要ではないのだろう。形のないものに縋る満たされない気持ちは、色々置き換えて考えることができる。個人的には60分くらいで良かったアニメだと思う。おもひでぽろぽろみたいに主観的な方が好き。

今を生きる大切さを歌った曲。easy and breezy、気楽に陽気に。もしこの人生が芝居だとしたら、なぜこんなにも罠を仕掛けているのだろう・・・


Jason Mraz - Living In The Moment [Official Audio Video]

 

 

7/23

土日何もしなかった。遠出したいと思いつつ、起きたら雨だったので午後までずっと寝て過ごした。そのおかげか気分が少し戻った。早く夏休みになってほしい。実家に一度帰りたい。今思うと、学部の夏休みが二ヶ月もあったことを異常なほど長く感じる。

河童のクゥと夏休みを観た。最初は主人公の母親役の声優が口うるさくて嫌悪感が出るほどの下手だと思ったしキャラデザに魅力はないわでこれがyahoo!映画のレビュー☆4越えかよ!と思いながら観ていたけれど、終わったら良い映画だなあという感想になった。これだったら宇宙ショーへようこそ推したい。河童のクゥが世間に知れ渡ってしまい、マスコミに追われる生活や学校での周りの環境の変化、人間の浅ましさみたいなものが問題提起として表れていて良かったなあと思う。もうちょっとキャラデザどうにかならなかったのかな。声優といい、別にアニメにしなくても良かったんじゃないかと思った。

今年に予定してる行事はすべて成功で終わらせる。勝つべくして勝たねば。今年の運勢通りの結末になってほしい。いや、なってもらわないと困る。もう後悔はしたくないし、やらずの後悔だけは懲り懲り。今年の年末に大吉だったと振り返る一年にする。

 

 

7/20

今日はちょっとした飲み会があって、すぐに終わったしあんまり酔わなかったのにもかかわらず家に帰ってからすごく気分が悪くなった。ネガティブ思考も相まって自分の会話力の無さやこの先やっていけるのかとか心がボロボロになってしまって、音楽聴いても何しても癒されなかったけど、ARIA見返してたら落ち着いた。naturalの5話と6話を見た。本当に癒される。以前にも観たはずなのに忘れてしまうセリフ。もっと楽に生きられたらいいのにといつも思う。何を求めてるんだろう。人を信じたくなくなる時に信じてもいいかなって思える。アリスちゃんに倣って、俺もちょっとだけ、頑張ってみようかな。

アイちゃん。初めて行く場所で道に迷ったり、不安になったりしたけど、お天気雨に降られた日も、桜の木を見た日も、最後には楽しい驚きに変わる、ステキなおでかけでした。

きっとAQUAは、不安とかとまどったりとかも、ステキに変えちゃう星なのかもしれないね。

 

笑ってる人の前では自分も楽しくなるし、委縮してる人の前では自分もつい緊張してしまうのよね。鏡が自分の姿を映すように、人もまた自分の心を映すのよ。笑ってごらん。そしたら、アリスちゃんの前にいる人もきっと笑い返してくれるわ。

 右手にますかけ線があることもあって手相を信じたくなる。とはいえ父親は両手にますかけ線あったけど、特に何かあったように思えない。見る度にちょっとした変化があって、なんでこんなに変わるんだろうと不思議に思う。最近は生命線が分離して真下に線が流れてて、小指方面から右斜めに斜線が入り始めた。手相占いってなんであんなに高いんだろう。