zakki_diaryのブログ

日々の記録。

3/23

今日はボーッと過ごしてしまった。明日は免許更新行かなきゃ。

昨日観た沈黙のロドリゴの、生まれる時代さえ違えばこんな仕打ちにはならず崇高なまま死ねた、生まれた頃は迫害などなかったのに、といったニュアンスのセリフが心に響いて、未だに心に残る。

生まれる時代さえ違えば、〜だったのに。

思うように生きることができなかったあの頃の人々の気持ちは、どの時代であれ多くの人の心に触れると思う。文化的にも物質的にも恵まれた今でさえも。

今はネットに繋がりさえすれば大量の情報が得られてしまう。それが必要か必要でないにしても、得られてしまう。

高校に入学した2011年は、まだガラケーが主流に思えていたのに、高3時の2013年にはスマホがありふれていて、生徒アンケートでは高校内のライン普及率は9割だった。俺はその1割だったけど、たったの2年で環境が大きく変わった。

大学入学時の2014年からもう3年が経つ。この3年間、俺は特に目立った変化を感じていないけど、もしかしたら世の中は変化していて、どんどん進んでいるのかもしれない。あの頃の2年と今の3年にどんな違いがあるんだろう。

便利になるにつれて、物事は更にややこしくなるように思う。いや、置いていかれているようにも思える。ある種のデジタルデバイドだと感じる。以前だったら気にならないことが、今は気にしないといけないように思うし、以前だったらやらなくても良かったことが、今はやらなくてもいけないように思えて、その境界線が曖昧だと思う。知識だけに限らず、人間関係にも影響してるし、普及の気味悪さを感じる。

なんだかうまく言葉にできないけど、ポカンと浮いてるような、ままならない気分がある。沈黙見たことで自分の中で何かが矛盾していて、それがうまく分からない。自分がグラつく。そもそも自分に必要なことか。何も知らないままの人生と知り続ける人生のどちらが良いというのか。比べるべきでないことも、自分で選ぶには比べなければならない。めんどくさい。

 

3/22

今日は友達と会った。開楽のジャンボ餃子食べた。美味しかった。

暇だったので沈黙を観た。おもしろかった。窪塚洋介が出る度にフフってなったけど、内容はとても重い話だった。日本史選択してないし、歴史は中学で止まっているから、キリストといえばザビエルが布教して、信長が保護してたとか、徳川幕府の時は天草一揆があったぐらいの知識しかなくて、映画の登場人物に実在する人物がいることも知らずに観てた。あの頃の人々は、こんな英語上手いのだろうか。70年前の戦時中ですら想像が及ばないかったから、400年前なんて尚更だった。

帰ってWikiを見てようやく色々と知った。1971年にすでに映画化されてたとは知らなかった。事実云々というよりも、この映画から受け取るメッセージは心理的で、現代に通じる要素が強いように思えた。

遠藤周作Wiki眺めて、リンク辿ってたら人間関係の項目があって、興味本位で眺めてた。出典見たらほぼ一つの本でビックリ。心理学って奥が深いんだなといろんな項目眺めてて思った。

今日映画を見てみて、何も知らず先入観なしに観た方が面白みが増すと改めて感じた。

3/20

もう三月終わるんだなあ。早い。20日超えるとあっという間だ。

久しぶりにyouは何しに日本へを観た。実家に帰って来たなという感じ。関東のチャンネルの安心感。やっぱりこの番組が好き。みんな日本にいるだけで楽しそうで、日本に来る事情はそれぞれだけど、日本に来る理由に事情の大きさなんて関係ないと感じさせられる。これから何かが起きるような、期待感が伝わってくるのが良い。それに一人で全部何とかしようとしてるのが惹かれる。こういう純粋な気持ちの強さを見習いたい。