zakki_diaryのブログ

日々の記録。

7/20

未来のミライを観に行ったのだが、評価が悪いのも分かる内容だった。つまらないとまでは思わなかったけど面白いとは思えなかったし、共感して面白みを感じる要素がほぼ育児で限定的だし、肝心のストーリーから伝わることも目新しさがなく、ラストは無理矢理まとめた感が強くて回りくどい印象を受けた。実際に観たことで、「ターゲット層が分からない」というレビューが納得いった。それほどバラバラで薄いというか、特定の人に深く伝わるメッセージがあるとは感じられなかった。60分くらいで良かった。

庭でくんちゃんが木の方へ振り向く演出があるのだけど、振り向き方が同じなのに3回も繰り返してたのがちょっときつかった。4、5回目からは多少違ったけど、ワンパターンすぎだと思った。描写でリアルさを描いてる割に、くんちゃんの声が年齢の割に妙にはっきりしているから、途中に出てくるチャリンコ乗ってるお兄ちゃんたちよりもあどけなさがなくて目立ってて笑えた。普通に聞いてる分にはあまり違和感がなかったけど、泣き描写とか駄々っ子とかリアルさを追求してるのになんで声優や子役を使わなかったのかと思う。所々トトロのオマージュシーンがあった気がする。居間でお菓子ばら撒いて踊ってるシーンとかいかにもな動きだった。お出かけに駄々こねて泣くところはおもひでぽろぽろを思い出した。あとはクレしんとかドラえもんでもありそうな感じも受けた。戦争要素必要だったか?くんちゃんの物語なのにわざわざそういうシーン入れるのがいやらしいというか、別に感傷に浸れるようなシーンだとは思えなかった。

見終えて結局どこで感動するのか分からず、最終的に何か気付かされることもなくて、くんちゃんが兄と自覚したのは分かったがそれで終わっちゃった。場面場面で今の大切さや、伝統行事の作法や過去と未来はかけがえのない出来事で繋がってるとか、伝わることはあったけど、それぞれがバラバラで一貫していたとは感じられなかった。もしかしたら繋がってるのかもしれないけれど、それだったら難しい。「子供の成長は早い」って言われても、それはある程度年月が経って、ふと気づいた時に出来るようになってるから感動するものじゃないのかと思うのだが、ファンタジー経験で成長したといわれても視聴者からしたら感動できないのじゃないか。育児経験ないし知らんけど。

リズを見に行った時の予告動画で、達郎さんの「うたのきしゃ」がかかった瞬間にこれは面白そうだと感じたんだけど、思いのほかこじんまりした内容だったし正直あの予告の数分がこの作品で一番感動したように思う。リニアっぽい新幹線は良かったかな。ちょっと期待外れだったが、酷評するほどイライラする内容じゃなかったし、こういうのもあるのかと知れたから観れて良かった。まあ二度見たいとは思えない。

 

7/17

ゴクドルズが思いの外おもしろい。レヴュースタァライトも観ててワクワクするし期待してる。ヤマノススメはいつ見ても癒されるし、他にもはねバドとか楽しめるので今期は安定してる。最近3時寝8時起きが増えてきてるがどうしようもない。さすがに今だけにしたい。ちゃんと余裕を持って生活したい。なんかほんと、人間関係に上下関係を持ち出すのが下らない。形式的な上下は確かに必要だとは思うけど、人間性を比較して上下を意識する人がいたりする。やっぱり否定できる説得力がほしい。いずれ自分に矛先が向くと思うとぞっとする。配慮よりも強さを重んじる人は寂しいと思う。

blackbirdが大分弾けるようになってきてうれしい。右手の指の覚えている感覚があって以前よりスムーズに動く。ドキュメント72時間の録画を観た。スポーツジムでバク転を練習する人たちがみんな前向きで元気を貰えた。上達する喜びっていいものだな。大人になって夢をあきらめ、子どもに託す人、子どもに思いを重ねる人、年齢を気にせず自分の限界に挑む人、他人をあっと言わせたい人。嫌味なく、純粋に楽しんでる人が多くて、こういう人たちばかりであればいいのになと思う。その人にとっての大切なものって馬鹿にできるものじゃないのに、軽んじる人もいる。何事も始めなきゃ身に付かないし、過程がなければ結果はついてこない。英語も全然話せなくても、一年後も続けていた人はその時点でやっていない人と差がついてるのだろう。それがどんどん重ねっていくと思うと恐さも感じる。

7/16

三連休何もせず終わった。外食に行く頻度が増えた。出費がかさんでしまう。中途半端にせず計画的にできれば遠出しようとも思えるのに上手くいかん。

先週は録画してあった「プレイスインザハート」を観た。BSで放送された映画の録画が溜まりまくってるから観て消そうと思ったけど、良い作品だったので消せず。序盤で拳銃が見えた時点で父親が死ぬのが予想できた。時代設定も古かったけど、人の優しさが感じられた作品で良かった。この街には未来がないのよと去っていく人もいる中、だからこそ力強く生きていこうとする人たちがいて、その中で盲人のウィルや黒人のモーゼスとの家族の交流が温かく映り、各々欠点を補い合って暮らしている様子が良かった。特にウィルは初めの印象から大分変わったし、食事を作るシーンとかほんと演技が上手かった。モーゼスなんて理不尽な扱いばかりだけど、人の良さを捨てない所が切ない。これからどうなってしまうのかというこの時代の厳しさが見られた作品だった。

体育会系でないと成功が見込めないのはある意味真理なのだろうけど、何をどう行動しようがその人の自由であるし、辛くなかろうがそこに夢を抱いてもその人の勝手だろうと思う。何事を成すにも成功しなければいけない、成功できないなら意味がないから諦めるっていう。ほんとの欲求ってそういうものじゃないだろうと思う。社会的な成功って見合うだけの努力があまりに遠い。努力したところで報われないことばかり。技術発展すればするほどそれに見合う能力も必要できりがない。競争が競争を生んでいて果てしない。ある意味バカでないといけない。その折り合いを上手くつけていきたい。